スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

ねむっ

かなり古い話題だけど、ネットでドラえもん最終回て流行ったじゃん。
ファンだかなんだかが描いたやつ。
物凄い感動の声ばっか聞くんだけど、あれどうなんだろう。
俺、全く感動しなかった。
どんなに絵が似てても、ありゃドラえもんじゃないじゃん?
そうするとさ、俺の脳内では完璧に別の作品になっちゃうんよ。
つまり、今まで歴々と積み重なってきたドラえもんの重み。
それが無い。
のび太との友情が薄っぺらい。
だから、何にも感情を揺すられなかった。
藤子先生の漫画法を単純に模倣したのも原因の一つだと思う。
別人が描くなら、もっと違うアプローチで描くべきだった。
同じ手法で描いちゃったら、空間も、間も、藤子先生とはケタが違うな、やっぱ。

まぁつまり、短編で泣かすって、難しいよなってこと。
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2007/05/29 Tue
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。