スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

結婚おめでとう!(本文とは関係ありません)

読売がまた来やがった。ウゼェマジウゼェ。
しかも今回は若いニーチャン。新聞奨学生らしい。

「青森から出てきて奨学生で頑張ってんすよぉ」
「お兄さんにはこの頑張り伝わってないんスか!?」
「ホントに人間ですか!?」
「普通、しょうがないなぁって新聞取るでしょ!」

ウウウウウウウウウゼェェェェェェェェェェェアア!!!!!!(゜Д゜#)

俺はこういう人間が心底大嫌いだ。
同情や憐憫を誘って助けてもらおうとする根性が大嫌いだ。
さも自分が物凄い苦労してるような話をするやつが大嫌いだ。
そして、話が進まないとわかると逆ギレして帰るやつが大嫌いだ。


「お兄さんは、このまま新聞取らないで俺を帰して、心痛まないんスか!」


ぜーんぜん痛まない(・∀・)
甘ったれんじゃねぇ。青森に帰って親の脛かじってろ。

まぁ、どういう形で新聞勧誘するかは個人の自由だけど。
俺は全く同感も同情も出来なかったって事っす。


「今で生きてきて、頑張ってる人を認めた事がないんスか!」


あるけど、海外から家族養うために一人で働きにきてる娘とか、
病気の親の代わりに家業こなしながら深夜バイトしてる娘とか、
それくらいのレベルは認める。感動すらする。
自分が行きたい大学行くために自分の意思でやってんだろうが。
それは普通の事じゃねぇの?
だから俺は、申し訳ないが断った。
つか、イラついたので反論しまくって逆ギレさせて帰した。
土下座すりゃ何とかなると思うなよ、若造が。
土下座っつーのは、自分の地位とプライドを折り曲げる行為だ。
何十年も真摯に生きた人間の土下座は、何よりも効果があるだろう。
20年やそこら生きただけのシャバ僧の土下座に何の威力があるのか。

とにかく、「可哀想な自分」を振りかざす態度が鼻に付いたって事。
まぁ、好きなだけ頑張っておくれ。応援だけはしてやるからさ。
新聞はとらねーけどw

ま、俺がほいほいドア開けて話聞いちゃうのもいけないんだが(´~`;)
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2007/07/22 Sun
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。