スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

鯨統一郎の本が全然売ってねぇ……!

どっかの部屋でガタゴトガタゴトうるせぇなぁ……。
というワケで、霧舎巧著「ラグナロク洞」購入&読了。

この人の本もう買うまいと思っていたんだけどねぇー。
なぁんとなく買って、なぁんとなく読んでたら読み終えてしまって……。
ラグナロク洞、なんてステキなタイトルだしさぁ。
つか内容ラグナロク関係ねーじゃねーか!!!
びっくりしちゃったよ!いやもう逆に冷静になっちゃったよ!
釣られたー!チクショォー!<(>□<;)>

まぁ別にいいけど(・ω・)
元々この作者には期待してなかったし。
こう、ビシッ、とくる鋭さとかカタルシスが無いんだよな。
トリックばっかり練っちゃってる感じ。
しかもその肝心のトリックも何か面白くない。
主人公とヒロインの微妙な関係は俺好きなんだけどねw

時間の無駄だった、とは言わないけど、
特に何の感動もなかった、です。 ⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2008/03/28 Fri
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。