スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

封神演義中下巻も購入。やっと太公望始動。

香港映画「ツイン・ローズ」観賞。
ええ、香港アイドル「TWINS」主演シリーズです。
amazonで買いました。売ってねぇんだもん。

一言で言うとつまらん。
ツインズシリーズは全部そうなんだが、
映画としての面白さじゃなくて、
TWINSの二人の可愛さを堪能するためにある。
だから、面白いとかつまらんとかは実はどうでもいい。
いかに「可愛かったか」、それに尽きる。

とはいえ、相変わらず制作陣は豪華。
とりわけ、今作の監督がドニー・イェンである事。
ドニーといえば、香港アクションでは有名な俳優。
ジャッキーの作品にも幾度か出演している。
彼のカンフーは俺かなり好きです。
「俳優」と「アクションスター」の両面を併せ持ってる。
ただ、突き抜けた物が無いため、どうも器用貧乏。
総合的にハイレベルな器用貧乏ではあるけど。

というわけで、ドニー監督(アクション指導も兼任)ということで、
結構ワクワクしてアクションシーンを待ったんだが……。
まぁ、期待は裏切られる為にあるわけさ。
同時期に撮られた「ツインズエフェクトⅡ」の方がまだ良かったな。
今作は、香港の正月映画として作られたので、
コメディ重視の娯楽アクション映画になっている。
それにしたってアクションがショボすぎる。
唯一光っていたのは、敵の部下役のクリス・イェン。
なんと、ドニーの実妹である!
女子高生役はちっとキツいと思ったが、
さすがドニーの血縁者、ヌンチャクはんぱねぇ。
とにかく良い動きをしていた。他が悪かったから余計に。
ビジュアルさえもうちょい良ければ、立派に主役出来るぞ!

と、色々ぶちまけましたけど。
最初に書いた通り、TWINSが可愛ければ良いんです。
そして俺の大好きなジリアン・チョンは今作も可愛さ爆裂。
なんであんな可愛いの?
そりゃエディソン・チャンに喰われるわ……あの野郎!(憤怒)

今回は、いつものジリアンとは違った面が見れた。
途中、ジャッキーの酔拳をパロったシーンがあるんだが、
TWINSの二人がジャッキーの格好になったんだ。
まぁ、つまり男装したって事だ。
相方のシャーリーンは、いくらダサい格好しても女の子。
ところがジリアンはどうだ。
とんでもないイケメンだ……!
なんで男の子になっちゃうの!?ぱねぇイケメンwww
びっくりした。そこがこの映画で一番びっくりした。
で、ちゃんと女の子の格好したらしたで、
凄まじい可愛さを取り戻す。
すげぇ、ジリアンすげぇ。
もう二十代後半に突入したTWINSのお二人だが、
どうかこれからもその可愛さを貫いて欲しい。
シャーリーンに比べたらジリアンは動ける方なので、
アクション映画に期待だ。

でも無理かなぁ……。
エディソン・チャンに喰われた画像流出しちゃったしなぁ……。
いいなぁ、エディソン……。
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2008/04/17 Thu
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。