スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

金が…

金庸著「連城訣」上下巻読了。
いやぁ、主人公が最後に一応幸せになってよかった。
だってあんな良い奴が不幸なままでいるなんておかしいもん。
ラストの続きが凄く読みたいんだが、
それは読者各々の心の中で、って事で。

この作品は、実話を元に書かれたそうだ。
泥棒の濡れ衣を着せられ、
その時に殴られまくって背骨が曲がり、
嫁は仇に奪われた人物が金庸の知り合いにいるそうで。
その人は結局、なんとか生活は出来ていたものの、
幸せな人生を送ることが出来なかった。
だから、金庸はこの作品で、幸せにしたのだろう。
天才肌でバリバリ働く仕事人間金庸の、
人間らしさを垣間見ることが出来ました。

他に見るべき点としては、血刀老祖という悪僧だ。
金庸作品には珍しく、純粋な悪の人間である。
大体、悪役っていうのは、
権威や金、武力を欲して争いを起こすのだが、
血刀老祖はただ殺したいから、犯したいから、
そういう子供のような理由で悪を振舞う。
かといって、サイコパスのような狂人の面はない。
全く普通の顔で、やりたいようにやるのだ。
まことに痛快ではあるが、
やってる事がやってる事なので、
素直に感情移入は出来なかった。

だが、この血刀老祖を金庸No1悪役に挙げる人もおり、
俺も、それだけの魅力は十分にあるとは思う。
とんでもない強さを持ち、何の裏表もなく悪事を働く。
そんな自由さに、惹かれるのかもしれない。

つーことで、またも激しく面白い小説だった。
金庸作品に今のところハズレが無い。
今後もバンバン読んでいこう。
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(4) | 2008/09/11 Thu

連城訣

ということで、早速本屋に行って買ってきました。
今回は、「連城訣」という作品です。
金庸作品の中でも最も悲惨な主人公。
次々と降りかかる陰鬱な展開。
なので、賛否両論あるようで。

上下巻の上巻だけ読み終えたんだが、
本当に可哀相。
基本的に運が悪いんだが、
やることなすこと全部裏目に出るっていう。
なまじ主人公が良い奴なので、余計可哀相。
右手指全部切り落とされたり、
左足砕かれたり、
肩甲骨に穴開けられたりもう散々すぎる。
おまけに尊敬した師父に裏切られ、
恋焦がれてる娘は仇に奪い取られて。

唯一の救いは、まず主人公の善性。
死にたくなる程悲惨な目にあっても、
それでも善心を失わない。
これでどんどん捻くれてったら
もう読むの辛すぎるぜ……。

あとは、ただ1人の知己、丁典の存在。
こいつの為に、頑張ってる部分もある。
読者からしたら「お前がいてよかった!」
と感謝せずにいられない。

下巻ではどうなるのだろう。
ちゃんと主人公は幸せになるのだろうか。
事件は解決するのだろうか。
短編だが、金庸の味はばっちり染みている。
楽しみです。
trackback(0) | comment(0) | 2008/09/05 Fri

秘曲笑傲江湖

金庸著「秘曲 笑傲江湖」全七巻、読了!
読み終えちゃったよ~……。
もし記憶がリセット出来るなら、
金庸小説を読み始める前に戻したい。
そしてもう一度読み直したい。
そのくらい、この「笑傲江湖」も大傑作だった。

主人公は令狐沖という青年。
華山派の一番弟子。
まぁ例によって、モテる。
が、他の作品と比べて、控えめ。
ちょっと可哀相な恋愛ばかり。
弟弟子に取られた挙句に死なれるわ、
対立派閥のお嬢さんだわで、なかなか障害だらけ。
結局はちゃんと幸せになったけどね。

そして、これまた例によって強い。
射シリーズにしろ今作にしろ、
何故か主人公は大概毒によって生死を彷徨う。
解毒の為に何らかの内功術を会得するんだが、
その術が大体とんでもない超絶武術である。
今回も解毒の為だったり、
偶然だったりで超絶内功術を会得。
さらにまた偶然に、超絶剣術も会得。
マジでチート。
まぁそのせいで、武林の面倒に絡まられるんだが。


今作主人公の令狐沖は、自由奔放な性格。
おまけに酒好きで、痛快な青年だ。
その上、きっちりと義侠心は備わっており、
英雄好漢の素質に満ちている。
欠点は酒狂いという事くらいだが、
その酒好きもと豪放さも手伝って
さまざまな分野の人種と親交を結ぶ。
巷には政治的野心を秘めた人物が軒を連ねる。
武術派や宗教、その他の集団も多い。
それら雑多な「枠組み」がひしめく世界で、
「剣術と義侠」一本で渡る主人公。
自ら属する武術派にも苦しめられるのだが、
それも主人公の「自由さ」によるものだ。
陰謀渦巻く江湖の中で、
身軽な主人公が悩み苦しみ、
それでも生来の磊落な性格で
仲間を増やして苦難を乗り越える様は、
非常に胸がすく思いだ。
邪悪な陰謀がひしめく中で、
愛と義侠が生き残るのは、
お約束とは言え希望があふれる。
ラスト付近は展開が読めてしまったものの、
逆に「ああよかった」という安堵の気持ちが勝った。
お約束も悪くないなぁ、と感心したものだ。

はぁ。
すっごいさびしい。
もちろん今後も金庸小説は読んでいくが、
長編はもう天竜八部くらいしかない。
長編だからこそ、人物の成長や
政治のうねりなどが見れて面白いのに。
天竜八部はまだ文庫化されてないので、
それまでに短編を読みつくしておこう。

読後に糧となる本は多くないが、
今作は確かに心に残る物語だった。


蛇足だが、今まで読んだ金庸本だと、
1神剣侠
2笑傲江湖
3射英雄伝
4倚天屠龍記
の純で面白かったな。
やっぱり神剣侠の純愛は最強。
trackback(0) | comment(0) | 2008/09/05 Fri
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。