スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

ばーちゃんはまだ連れてくなよ、じーちゃん。

通夜の前日、スーツを取りに戻って、これを書いてます。

じーちゃん死んじゃいました。

昨朝、親父から「おじいがヤバげ」というメールを貰い、
かつてない速度で仕事を終わらせ病院直行。
俺が駆けつけた時は、ぎりぎりじーちゃんの意識があった。
「俺だよー、わかるか?」
「…お、おおお」
みたいなやりとりはまだ出来た。

しばらくして、同席してたおばちゃんが電話をしに退席。
その直後、突然じーちゃんは苦しみ出した。
俺はもうパニクった。小便漏らすかと思った。
ナースコール連打して、ナースを待つ。
人生で一番長く感じた30秒だった。

ナースの処置で一時的に落ち着いたものの、
また不安定になりドクター3人到来。
マジでヤバイって事で、実家にばーちゃんを迎えに行った。

その間に、死んでしもうた。
まぁ、もう俺が出る時に意識はなかったんだけど。


安らかには逝けなかったかもしれない。
死因は出血性ショック死。失血死ってやつか。
容態が急変した時の表情からして、相当苦しかったと思う。

ただな、もう、疲れたんだよな。じーちゃんは。
2年弱も入退院繰り返して闘病してたしな。
良く頑張ったよ。超凄いよ。
間違いなく俺はじーちゃんを誇れるよ。


明日は通夜、明後日は告別式。
もうスグ本当にお別れだ。
葬式って、やっぱしなきゃダメだな。
あの儀式をやらないと「死んだ」と思えない。
人間の習性なんかな。
まだいつもと同じ寝顔で、部屋に寝てるからな。

今ちょっと仕事を片付けてきた。
あと2、3日他人に任せるのかと思うと不安だが、
もうどうでもいいや。なるようになれ。


最後、意識がある時に間に合って
心底良かった。
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2007/09/01 Sat
<< 妹の前では泣かないよ。 | home | 楊丞淋の理想情人のイントロは神 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。