スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

小昭かわいいよ小昭

金庸著「倚天屠龍記」読破。
前作、前々作と、シリーズ物であるが故に
ラストは含みを持たせた終わり方だったが、
最終シリーズの今作も何故かすっきりしない終わり方。
ほとんどの謎も伏線も回収されたんだが、
主人公が教主になって隆盛極まった明教は、
内部のちょっとした裏切りであっさり瓦解したり、
エピローグでも、結局主人公の功績が報われない結末だったし、
不完全燃焼と言わざるを得ない。
主人公の恋愛の決着も、
なんだか完全決着な感じじゃないし、
モヤモヤしたものが残ってしまった。
面白かったのは確かなんだが、
前作、前々作に比べると見劣りはする。

主人公の性格も歯切れが悪い。
優柔不断すぎる。
常に他人に流され、自分でもそれを自覚しているが、
いざ決断を迫られると誰かを頼ったりしてしまう。
正義感と武術は凄まじいんだが、
兵法も無ければ政治も出来ない。
拳と人格だけで教主にまで登ってしまった。

女性に関してもだらしない。
中盤以降、4人程の女性と懇意になるが、
そのうち3人と結婚の約束までしてしまう。
裏切られては憎み、憎んでは許しの繰り返し。
「はっきりせぇや!」とこっちがやきもきしてしまう。

女性4人は大体クセの強い人物なのだが、
その内の1人、「小昭」というペルシャ教の教主だけは、
すこぶる純粋に主人公に尽くした。
教主だとわかるのは後半なのだが、
それまでは主人公の小間使いとしてせっせと働く。
主人公が他の女にふらふらしても、
文句も言わずにひたすらお世話する。
ペルシャ教主と分かり、主人公が
「もうそんな小間使いの仕事はしなくていいんだよ」
と言っても、
「ずっとおそばにいさせてください」
と言うような傅きっぷり。
すっごい可愛い。俺なら絶対小昭を選ぶ。
作者も巻末で、
「小昭と結ばれなかったのが悔やまれる」
と言うほどのお気に入り。
結局ペルシャに帰ってしまうことになったんだが、
一緒に行けばよかったのに……。
射雕シリーズの中でもベスト3に入るいい女の子でした。

読み終えて改めて思うが、
100年にも及ぶ壮大なストーリーが、
ついに終わってしまったのが凄く悲しい。
もうあの英雄好漢が活躍する世界にいられないなんて。
他の金庸小説も買ってあるし、読むつもりだが、
射雕キャラクターが出てこないもんな。さびしい。
ああ、さびしい。
このさびしさを紛らわすために、他の本に取り掛かります。

さ、読むぞ!
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2008/08/18 Mon
<< 秘曲笑傲江湖 | home | 何度も言うけど信じられん面白さ。 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。