スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/-- --

浮かびし思い出。

今日実家帰って自室を漁ってたら、小学2年生の時の日記が出てきた。
恐らく、毎日教師に提出していたものだと思われる。

様々な記憶が呼び起こされた。
今まで一度も思い出したことのない事まで。
クラスの女子に馬役となって乗られていたこととか、
ゆうき君とやたらと釣りに行ってたこととか、
転んで薬指強打したこととか、
入院・通院しまくりでみんなに心配かけてたこととか。
あと、意外と感受性豊かだったようで、色んな事に疑問を感じていたようだ。
虹は誰が作ってるんだろうやら、花火は誰が作ってるんだろうやら。

我ながら可愛いと思ってしまった部分がある。
「きょうは、たんぽぽのひみつをしってしまった。
 あめにぬれたたんぽぽは、ふーっとふいてもとばない」
とか。カワユス。

ああ……この純粋さ。
どこへ忘れてきたのか。
思い出したって、もう取りには戻れないんだなぁ……。

みんな、そうだ。
あの頃可愛かったクラスのみんなも、大人になった。
汚れて、曲がって、強くなってしまったのだ。
決して悲しいことじゃないけど、寂しい。


卒業アルバムも見た。
当時好きだった子は、今見ても超可愛い。
そうかと思いきや、特に何の感情も抱いてなかった子が、今見ると滅茶苦茶可愛く見える。
ああ、俺はなんであの時その魅力に気づかなかったんだ……!
Aちゃんに夢中だったしなぁ(*´ー`*)
今日は心がロリコンでしたw
スポンサーサイト
trackback(0) | comment(0) | 2007/05/15 Tue
<< 西尾維新は面白いのかなぁ | home | 「病の世紀」結構面白い。 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。